SPG600 and SPG300

TV信号ゼネレータ
Поставка указанных в настоящих технических характеристиках изделий корпорацией Tektronix прекращена.

Читать на веб-сайте:

特 長

  • 1台でアナログ・ブラック・バースト信号とテスト信号、SD-SDIブラック信号とテスト信号、AES/EBUデジタル・オーディオ信号、アナログ・オーディオ信号のすべてを発生
  • デジタルおよびアナログ放送設備に安定した同期信号を供給できるStayay GenLock™ 機能
  • アナログおよびSD-SDI信号出力チャンネルは、すべてブラック・バースト出力とテスト信号出力のどちらにも設定可能
  • SNMP/WEBリモート・コントロールにより、ネットワーク環境にも簡単に組込が可能
  • フル・ラック幅(SPG600型)とハーフ・ラック幅(SPG300型)の2タイプを用意
  • アナログ・ビデオ出力のタイミング・オフセットを0.1nsステップで細かく調整できるタイミング微調整機能(オプション01型)
  • 独立してタイミング調整できるアナログ・ブラック・バースト/テスト信号出力を8 チャンネルまで増設可能(SPG600オプション02型)
  • Up to 4 SDIシリアル・デジタル・ビデオ出力を4 チャンネルまで増設可能(SPG600オプション03型)

アプリケーション

  • 放送用マスタ・シンク・ゼネレータ
  • マスタ・シンクへのGENロック
  • 独立のシンク・ゼネレータ  

SPG600型・SPG300型は、NTSC/525とPAL/625の両方式に対応したシンク・ゼネレータです。従来のアナログ設備はもちろん、アナログとデジタルが混在した設備でも、同期信号とテスト信号を供給できます。安定したマスタ・シンク信号を発生できるので、厳しい条件を要求されるデジタル放送環境に最適です。SPG600型・SPG300型のStayGenLock モードを使用すると、極めて安定した同期信号が得られます。S P G 6 0 0 型・SPG300型に入力しているGENロック基準信号が一瞬途絶えても、出力しているテスト信号やブラック信号にほとんど影響は生じません。GENロック基準信号が再び入力された場合でも、出力に影響が現れないように緩やかに再ロックするので、ほとんどの場合GENロック基準信号の瞬断に気付くことなく運用を継続できます。GENロック・ソースには、NTSC/PALGENロック・ソースには、NTSC/PALシンク・パルス、CWが使用できます。GENロックのタイミングは、NTSCまたはPALカラー・フレームの全域に渡って調整できます。CWロックを使用すると、選択したフレームのNTSCまたはPALのカラー・フレーム全域に渡って調整できます。

アナログ・ブラック・バースト/テスト信号出力

SPG600型・SPG300型は、NTSCまたはPALのフル・カラー・フレーム範囲内で個別にタイミングを調整できる、4つのブラック・バースト出力を提供します。この出力チャンネルは、ブラック・バースト出力またはテスト信号出力として設定でき、プロダクション設備を運用するのに適した柔軟性を備えています。特に、アナログからデジタルへ移行途中の環境では、シンク・ゼネレータは、さまざまな種類の同期信号を供給する必要があります。SPG600型・SPG300型は、小規模な設備ではマスタ・シンク・ゼネレータとして、また大規模な設備ではスレーブ・シンク・ゼネレータとして使用できます。SPG600オプション02型では、さらにブラック・バースト出力を4チャンネル追加できます。また、オプション01型で、ブラック・バースト出力ごとに0.1nsステップ でタイミングを細かく調整できるタイミング微調整機能も追加できます。

またSPG600型・SPG300型は、アナログ設備にも基本的なテスト信号を供給します。これらのテスト信号には、20文字までのIDテキストまたはロゴを挿入できます。IDテキストとロゴは、有効映像領域の任意の位置に配置できる他、必要な場合は点滅表示も可能です。

SPG600型・SPG300型 SDシンク・ゼネレータ

SPG600型・SPG300型は、525/60方式または625/50方式のフル・フレーム範囲内で個別にタイミング調整できるSD SDIブラック出力を2つ備えています。SD SDIブラック出力チャンネルは、アナログ・ブラック・バースト出力と同様に、SD SDIブラックまたはSD SDIテスト信号を供給するように設定できます。SPG600オプション03型では、さらに2つのSD SDIブラック出力を追加できます。

SPG600型・SPG300型は、アナログ・テスト信号とは別に、デジタル放送環境に対応した基本的なテスト信号も提供できます。アナログ出力と同様に、信号の任意の位置に20文字までのIDテキストまたはロゴを挿入できます。IDテキストとロゴは点滅するように設定することも可能です。

SD SDI出力には、16チャンネルまでのエンベデット・オーディオを挿入できます。グループ1、2は周波数とレベルをチャンネルごとに設定可能で、グループ3、4はグループ1、2と同じ設定になります。また、チャンネル識別に便利なオーディオ・クリック(1s、2s、3s、4s)を付加することもできます。

AES/EBUデジタル・オーディオ出力

SPG600型は、AES/EBUデジタル・オーディオ用にBNCコネクタ4つとXLRコネクタ2つを装備しています。周波数とレベルは8つのAES/EBU不平衡出力に対して設定でき、チャンネルを識別するためのオーディオ・クリックはチャンネルごとに設定できます。2つのXLR平衡出力は、1+2と3+4 BNC出力と一致するように設定できます。また、1つのワード・クロック出力も可能です。

SPG300型は、AES/EBUデジタル・オーディオ用に、2つのXLRコネクタとワード・クロック出力を1つ装備しています。

アナログ・オーディオ出力

2つのXLR出力は、デフォルトでAES/EBUデジタル・オーディオ用に設定されていますが、アナログ・オーディオ出力用に変更できます。周波数、レベル、オーディオIDは、各チャンネルで設定できます。

SNMP/Webリモート・コントロール

SPG600型・SPG300型は共にSNMPをサポートし、自動サービスやメンテナンス機能へ簡単に組込むことができます。Javaアプレット・ベースで容易にリモート・コントロールでき、リモート・モニタリング・ソフトウェアを使用すると、SPG600型・SPG300型の状態を離れた場所からでも監視することができます。また、SPG300型・SPG600型は従来のGPI機能も装備していて、アラーム・リポートとプリセット・リコールも行えます。

性 能

注:特記なき場合は、性能はSPG600型とSPG300型の両方に共通です。

GENロック
基準入力

入力端子─BNCコネクタ×2(ループ・スルー)

振幅─公称値から±6dB(コンポジット)、1~ 2.5Vp-p(CW)

S/N比─ 40dB以上

SCH位相─ 0°±40°

リターン・ロス─5MHzまで40dB以上

引込み範囲─

サブキャリア周波数±5ppm

ジッタ

バースト・ロック:0.5°以下

シンク・ロック:1ns以下

GENロック・タイミング・オフセット─

範囲:フル・カラー・フレーム

分解能:NTSC/PALサブキャリアの0.5°以下

SDIビデオ出力

SDIビデオ出力─標準:2チャンネル(CH1と2)、SPG600オプション03型:4チャンネル(CH3と4が追加)

2チャンネル─ブラック出力×1、テスト信号出力×1(テスト信号は両方のチャンネルに分配可)

SD SDIテスト信号出力

525方式─100%/75%/SMPTEカラー・バー、リニアリティ、フラット・フィールド、モニタ、マルチバースト、パルス&バー、スイープ、SDI、タイミング、アザー、Rec.801

625方式─100%/75%カラー・バー、100%/75%カラー・バー・レッド付、リニアリティ、フラット・フィールド、モニタ、マルチバ ースト、パルス&バー、スイープ、SDI、タイミング、アザー、Rec.801

規格-

ITU-R BT 601、656、EBU Tech 3267、SMPTE125M、244M、259M、272M、RP165、RP178

フォーマット─ 525-270、625-270 (270 Mbps).

出力端子─BNC.

出力インピーダンス─ 75 Ω.

出力振幅─ 800mV ±10%.

立上り/立下り時間─0.4~1.5ns(20~80%にて測定)

ジッタ─ 0.2 UI以下

タイミング・オフセット

範囲─フル・カラー・フレーム

分解能─ 1/27MHz以下

リターン・ロス─15dB以上(5~270MHz)

IDテキスト─最大20文字

ブリンキング期間─ファースト、スローまたはオフ

ロゴ─グレー・スケール(4レベル)

ブリンキング期間─ファースト、スローまたはオフ

エンベディッド・オーディオ信号

アクティブ・チャンネル─1~16チャンネル(4グループ)

サンプル周波数─ 48 kHz.

量子化分解能─20または24ビット

オーディオ・パラメータ

周波数(Hz)─インアクティブ、サイレンス、50、100、150、200、250、300、400、500、600、750、800、1000、1200、1500、1600、2000、2400、3000、3200、4000、4800、5000、6000、8000、9600、10000、12000、15000、16000、20000

レベル─60 ~0dBFS、1dBステップ

クリック─1s、2s、3s、4sまたはオフ

AES/EBUデジタル・オーディオ出力

規格─ANSI S4.40 (AES3)、SMPTE 276M (AES3 ID)

オーディオ・チャンネル数

SPG600型─BNC 8(1+2、3+4、5+6、7+8)、XLR 4(1+2、3+4)

必要なレシーバのターミネーション─BNC:75Ω±10%、Ω ±10% 、XLR:110Ω±10%

出力端子

SPG600型─75Ω BNC×4、XLR×2*1

SPG300型─XLR×2*1

オーディオ・パラメータ

周波数(Hz)─インアクティブ、サイレンス、50、100、150、200、250、300、400、500、600、750、800、1000、1200、1500、1600、2000、2400、3000、3200、4000、4800、5000、6000、8000、9600、10000、12000、15000、16000、20000

レベル─-60~0dBFS、1dBステップ

クリック─1s、2s、3s、4sまたはオフ

量子化分解能─20または24ビット

振幅─

不平衡(BNC):1V±0.1V

平衡(XLR):5V±0.3V

立上り/立下り時間

BNC ─30~44ns(10~90%にて測定)

XLR ─5~30ns(10~90%にて測定)

ジッタ─ ±8ns以下

タイミング・オフセット範囲─

NTSC:66.733ms、PAL:160ms

分解能:1μs

ワード・クロック─

出力端子:BNC

出力レベル:CMOSコンパチブル

周波数:48kHz

*1:2 XLR出力はAES/EBUまたはアナログ・オーディオに設定可能

アナログ・ビデオ出力

標準─チャンネル1、2、3、4

SPG600オプション02型─チャンネル5、6、7、8

4チャンネル─ブラック出力×3、テスト信号出力×1(テスト信号は4チャンネルまで分配可)

テスト信号

NTSC/セットアップなしNTSC ─SMPTE/75%カラー・ バー、リニアリティ、フラット・フィールド、モニタ、マルチバースト、パルス&バー、スイープ、アザー

PAL ─75%/100%カラー・バー、75%/100%カラー・バー・レッド付、リニアリティ、フラット・フィールド、モニタ、マルチバースト、パルス&バー、スイープ、アザー

フォーマット─NTSC、セットアップなしNTSC、PAL

Output connector - BNC

出力端子─75 Ω

リターン・ロス─5MHzまで30dB以上

バースト振幅確度─ ±5%

シンク振幅確度─±3%

Blanking Level - ±50 mV

SCH位相確度── ±5°

タイミング・オフセット

範囲─ フル・カラー・フレーム

分解能─1/27MHz以下(クロック)、オプション01型で0.1ns

IDテキスト─ 最大20文字

ブリンキング期間─ファースト、スローまたはオフ
ロゴ─グレー・スケール(4レベル)
ブリンキング期間─ファースト、スローまたはオフ

アナログ・オーディオ出力

出力端子─XLR × 2*1

出力インピーダンス─ 12 Ω

周波数(Hz)─サイレンス、50、100、150、200、250、300、400、500、600、750、800、1000、1200、1500、1600、2000、2400、3000、3200、4000、4800、5000、6000、8000、9600、10000、12000、15000、16000、20000

オーディオ・パラメータ

レベル─48~+12dBU(分解能1dB)
*1:2 XLR出力はAES/EBUまたはアナログ・オーディオに設定可能

インタフェース

GPI (General Purpose Interface)─コネクタ:D-sub、9ピン

出力

ピン1:エラー出力

ピン9:GND

出力レベル─

0.4V以下(100mAシンクまたは最大4Ωにて)

入力─

アクティブ・ロー入力。

ピン3:入力1

ピン4:入力2

ピン5:入力3

ピン6:GND

入力レベル─TTLコンパチブル、入力は10kΩ抵抗でプル・アップ

ネットワーク・インタフェース─10/100 Base-T Ethernet.

環境条件/その他

電源─ 90-250 V、50/60 Hz.

消費電力─AC 110Vまたは240V

SPG600型:85VA(35W)以下

SPG300型:65VA(30W)以下

温度─

動作時:0~40℃

非動作時:-20~+60℃

寸法─

SPG600型:43.6(高)×482.5(幅)×557.5(奥行)mm、SPG300型:43.6(高)×206.2(幅)×435.7(奥行)mm

質量─SPG600型:5.0kg、出荷梱包時:8.5kg、SPG300型:2.5kg、出荷梱包時:5.8kg

Dimensionsmmin.
Weightkglb.
Height43.61.72
Width482.519
Depth557.521.9
Net5.011
Shipping8.519

Thumbnail

Thumbnail
SPG600型(フル・ラック幅)の前面パネルと後部パネル


SPG300

Dimensionsmmin.
Weightkglb.
Height43.61.72
Width206.28.1
Depth435.717.2
Net2.55.5
Shipping5.813

Thumbnail

Thumbnail
SPG300型(ハーフ・ラック幅)の前面パネルと後部パネル


Last Modified: 2004-06-17 05:00:00
Загрузки
Загрузить

Загрузить руководства, технические описания, программное обеспечение и т. д.:

Go to top